ブランド買取で遠慮なく

キャンプするからには焚き火したいじゃん? それで火の粉に耐えられる素材となると、化学繊維より、厚手のウールや、コットンの方が有利だ。今のような寒い時期だと、メルトンのPコートやダッフルコートは意外と適しているような気がする。

厚手ウールが火の粉に強いと言ったって、火の粉が飛んで来たら、相応にダメージは受ける。汚れもするだろう。そういうことを考えると、お安いブランドの売れ残りなどで、その手の服を揃えるのもアリのような気がする。

自分の住んでいるマンションのすぐ隣に大きな公園があって、正に広さだけならテントを張れそうなのだよね。だからと言ってテントサイトでは無いので、実際にテントを張って、夜明かしすることはできない。残念。そういうのに寛容な地域/場所なら、ブランド買取で遠慮なくテントで夜明かしするところだけど、まぁ、無いものねだりだね。

SNSでもご購読できます。